<< オーダー   学習デスク | main | 古民家再生のリフォームと建具 >>
古民家のリフォーム
先日、古民家での建具のリフォームを行ってきました。




この写真の建具は
なんと80年以上前の建具だそうですカメラ

なんとも言えない風貌が素晴らしいですね

木造住宅は100年、150年、もっと持つと思いますが、
住宅に付随する木製建具も一緒で同じ年月は十分に耐用できると思います
建具は住宅の内装部の中でも一番長い耐用年数を持っているのではないでしょうか。

設備ビニールクロスアルミサッシなどは20年ぐらい使えば大体、調子が悪くなり
メーカーもそのぐらいしか予想していないと思います。

メーカーの作った品物は研究されて大変良い商品が多いのに、我々職人の
作った品物の方が耐用年数が長いとは、不思議なことですよねDocomo108

先人の知恵の技術が組み込まれた製品だからなのか?
職人が作った商品だからなのか?

私はこのように考えましたエクステンション
木造の住宅や木製建具に使っている素材が天然に作りだされた木材だから
ではないのかとプラスチックやビニールは乾燥や湿気に弱いですが
木材は乾燥や湿気に合わせて呼吸し調節する自然の特徴を持ち合わせてから
長持ちするのだと考えましたキラキラ

木材の温もりは、そうゆう所から出てくるのだと感じます上げ上げ

80年前の建具のリフォームの仕事をして
木造住宅木製建具は安い商品ではないかもしれませんが
この長い目で見てみても、決して高い商品ではなく費用対効果は十分にあり
価値のある商品だと思い出させて頂きました笑顔



|▲TOP▲| 建具の仕事メモ帳 | comments(0) | trackbacks(0) |

★木製建具・木製家具のご注文は有限会社 井野元建具[inomoto](HP)
   数々の受賞暦のある組子細工が得意です。★



★ブログランキング参加中★
にほんブログ村 住まいブログ 建具・表具・畳へにほんブログ村 住まいブログ 大工・職人へにほんブログ村 インテリアブログ インテリア・家具製作へ

blogram投票ボタン










http://note.inomoto1979.com/trackback/36