<< 建具業の修行とは? | main | 祝:メディア雑誌掲載「自給自足」 >>
秋田県での修行時代  その1
色々と職人の修行に付いて書いてきましたが、
今回は自分自身の修行体験の話を少し書いてみようと思います。

高校と卒業と同時に秋田県の雄物川町と言う所に修行に行きました。
前にも修行の期間について書いたことがありましたが、自分の場合は
五年の修行と一年の礼奉公で計六年間、秋田県に勤めました。

修行時代は仕事よりも雑用が大変多いため雑用に追われる日々でした
自分の仕事をそっちのけで職人さんの手伝いをしたり、
まず最初から自分ひとりで作業させてくれることは少なかったです。
それが嫌で嫌でしょうがなかったのを思い出しますね。涙

でも、今になって思うことは職人さんの手伝いをして見て覚えるということは
自分は良い指導方法だなと思います。笑顔
職人さんの手伝いをしてただけで自分で仕事をする時にどうやってきたか
思い出して自然にできるようになるからです。
職人さんの手伝いを腐らずにやってきて本当に良かったと思った瞬間でした。矢印上


修行時代とは今の自分自身の骨格を作った期間であり、
仕事の面と人間性を大変勉強になりました。
職人になるのならば必ず修行にでて、師匠についたほうが職人としての厚みが
でて、良い職人になると思いますね。手


パソコン井野元建具inomotoのホームページはこちらです

チェックこのページを見ている人のアクセスランキングチェック
組子細工とは
求人 組子細工・建具見習い職人(弟子)募集
職人について思うこと


|▲TOP▲| 修行時代 | comments(0) | trackbacks(0) |

★木製建具・木製家具のご注文は有限会社 井野元建具[inomoto](HP)
   数々の受賞暦のある組子細工が得意です。★



★ブログランキング参加中★
にほんブログ村 住まいブログ 建具・表具・畳へにほんブログ村 住まいブログ 大工・職人へにほんブログ村 インテリアブログ インテリア・家具製作へ

blogram投票ボタン










http://note.inomoto1979.com/trackback/22